FC2ブログ

ぷぅと一緒

~甘えん坊トイプー『ぷぅ』と育犬はじめて夫婦の成長日記~

Top Page › ぷぅ 1歳 (成長日記) › ぷぅ 1歳 (病院) › 2016年初めての病院
2016-01-18 (Mon)  11:05

2016年初めての病院

こんにちは♪

ぷぅが家族になって533日目♡

前回の記事にたくさんの拍手コメントをいただきありがとうございます!!
ご心配お掛けしました!!

今日は病院での検査の様子などを備忘録として書かせていただきます




先週の金曜日、担当の先生も出勤日だったので病院へ行きました
朝1番の尿を採取して持参しました☆

受付開始時間に合わせて来院したので、受付番号は2番目でした

診察開始まで30分程あったので待合室で待機していると、看護師さんから来院の理由や体調を聞かれました
ここで持参した尿をお渡ししました☆

_MG_2750ぷぅ
お正月に買った福袋に何故か入っていた猫ちゃん用のおもちゃです♪ 写真は本文には関係ありません☆

診察開始時間になり、受付番号1番の方も同じ先生を指名されていたのでしばらく待っていると…

再び看護師さんに話し掛けられました☆

お話によると…受付番号1番のワンちゃんが緊急で外科的処置になってしまったことを伝えられました
待合室でも横たわっていたので心配していました

先生が処置に入られて、終る頃からは予約の患者さんが続いて入っているらしく、何時間も待機することになってしまうことを伝えられました
午前診では診られないかもしれないとのことでした

他の先生ならすぐに診察に入れるけどどうしましょうか?とのことでしたが、今まで診ていただいていた先生に相談したかったので1度病院を後にして、午後診で出直すことに決めました☆
ぷぅちゃんはチックン覚悟だったのでホッとしたかな?

DSC_0028ぷぅ
早速、袋から出してみました♪ 写真は本文には関係ありません☆

家に戻り、この日はお昼過ぎからマンションのガス警報機の点検日だったので、しばらくのんびり過ごすことにしました☆
この日も朝ご飯は半分くらいしか食べていませんでした

無事にガス屋さんも来てくれて、再び午後診の受付開始時間に合わせて病院へ向かいました
ガス屋さんが脚立を持って家の中に入ってきたので、ぷぅは警戒吠えしていました~

午後診の受付番号も2番でした☆

DSC_0029ぷぅ
ぷぅちゃん、急に後ろへ飛びました!! 写真は本文には関係ありません☆

ここで嬉しい再会が!!

ぷぅの避妊手術の1ヶ月検診の時に出会ったチワワちゃん&トイプーちゃんの夫婦♪
その時のお話はコチラ☆

その時にお腹の中に居た子と再会することが出来ました♪
3匹妊娠していましたが、その内の2匹がお父さん犬のチワワちゃんと来院されていました♪

無事に出産したことが分かって嬉しかったです♪
ママ犬のトイプーちゃんが ぷぅと同じくらいの大きさで初産だったので心配していました

DSC_0030ぷぅ
ぷぅちゃん、新しいおもちゃが欲しくて震えています♪ 写真は本文には関係ありません☆

そんな嬉しい再会もあって楽しく待合室で待っていると、診察室から名前を呼ばれました☆

中に入ると担当していただいている院長婦人先生が笑顔で待っていてくださいました♪
10月以来の来院でした☆

午前中にも来院していたことを看護師さんが伝えてくださっていたので、院長婦人先生にも謝られちゃいました~
ぷぅは1日に2回も病院へ来たので診察室に入ると震えていました~

まずは体重測定&体温測定!!

体重は前回とほぼ変わらず、体温も38.5℃で平熱でした
食べていないので体重の減少を心配していましたが、3ヶ月前の来院時とほぼ変わらずで安心しました

DSC_0032ぷぅ
無事におもちゃをゲットして喜んでいます♪ 写真は本文には関係ありません☆

そして午前中にお渡ししていた尿検査の結果を見せていただきました
ぷぅは膀胱炎の気があり、最近少しチッコの色が濃いことが気になっていました

ここで膀胱炎の心配は無いこと、そして血液反応も出ていないことを伝えられました
膣炎の心配も無くなりました

しいて心配な点としては、肝機能障害の数値であるビルビリンが1+だったことでした
ただ尿の比重が重たかったので、このくらいの数値なら許容範囲内と言われました

DSC_0041ぷぅ
私が取ろうとすると、オテテでホールドしてきました!! 写真は本文には関係ありません☆

ここで血液検査もお願いすることにしたのですが、尿検査で数値が少し高かった肝臓の検査をプラスしていただくことにしました

左後ろ足からの採血だったのですが、ぷぅは全く泣くこともなく耐えてくれました
ぷぅちゃん、注射では泣いたことがありません☆

血液検査の結果は10分程掛かるとのことだったので、この間に膝関節の状態も診ていただきました
ぷぅはパテラのグレード1の診断を受けています

どこか関節が痛い場合でも食欲が落ちる子が居るそうなのですが、膝の状態も変わらずキープで痛みも感じていないとのことでした☆
年が明けてから坂道の多い散歩道にしていることが影響しているのか、走り始めのスキップが少なくなってきました☆

また少し前から右の上の歯がグラグラしていることが気になっていたのですが、こちらは先生に診ていただくと乳歯とのことでした!!
1歳7ヶ月を過ぎて乳歯が抜けることは珍しいことだそうです!!

避妊手術の時の抜歯は下から永久歯が生えてきていた犬歯2本だけだったのですが、稀に残しておいた乳歯が自然に抜けることがあるそうです
欠歯になるそうです☆

こちらはグラグラでピンセットで抜くことも可能とのことでしたが、やはり処置で抜くと痛みがあり&血が出るとのことだったので自然に抜けるのを待つことに決めました☆
この前に血液検査でチックンしたので痛いことは避けることにしました☆

抜けそうな乳歯は何日かで抜けそうとのことだったので注意して見ています☆
場所的に飲み込んでしまうことが多いそうです☆

ここで一旦、診察室を後にして待合室で血液検査の結果を待つことになりました
金曜日だったので待合室にはたくさんのワンちゃん&飼い主さんがいらっしゃっていました!!

DSC_0038ぷぅ
ぷぅはどうやらオレンジ色が良く見えているようです☆ 写真は本文には関係ありません☆

しばらくすると再び診察室から名前を呼ばれました☆

ここで血液検査の結果を先生が1つ1つ説明してくださいました

まず食事を摂っていないことから心配だった栄養状態は…全く問題なく、必要な栄養は吸収出来ていました☆
これが1番心配だったので安心しました☆

そして他の数値も全て正常値に入っていて、以前の血液検査の結果と比べても悪い変化は見られないとのことでした
体が小さいですが、健康体と太鼓判を押していただきました!!

また今回、初めて肝臓の数値も検査していただいたのですが、そちらも全く問題は見られませんでした

このことから考えて、内蔵の疾患による食欲不振では無いとのことでした
安心しました!!

こうなると食欲減退の理由が分からないのですが…

先生の見解は『もしかしたら抜けそうな乳歯が気になったのかもしれないけど、食欲が細いのはこの子の性格』とのことでした
栄養がしっかり摂れていて、体重の減少も見られないので理由が見付からないとのことでした

元々、食に関心が無いタイプなので、今後も急に食べなくなることがあるかもしれないが、長期間の下痢や嘔吐が無い限りは安心して大丈夫とのことでした
胆汁を吐いたことは生活リズムの変化などの影響だと思うとのことでした

このまま普段通りの生活をしていて大丈夫との診断だったので安心しました
お薬も出ませんでした

DSC_0019ぷぅ
病院から帰宅して寝る準備を整えたら、即バタンキュ~でした☆

病院へ行った日は疲れからか食欲も変わらずでしたが、翌日からは少しずつですが食欲も戻ってきているような気がします
翌日は旦那さんも休みだったので、お出掛けもしてきました♪

まだまだ以前の食欲には戻っていませんが、あまり心配し過ぎないように観察していこうと思います☆

今回、病院へ行って先生に診ていただいて、安心出来たので血液検査をしていただいて良かったなぁ~と思いました☆

※ 今日はコメント欄を閉じています♪

新しいおもちゃもお気に入りになった♪ ぷぅちゃんにポチッとお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

久し振りの病院で疲れちゃった… こちらのぷぅちゃんにもポチッとお願いします!!

関連記事

最終更新日 : 2016-01-18