FC2ブログ

ぷぅと一緒

~甘えん坊トイプー『ぷぅ』と育犬はじめて夫婦の成長日記~

Top Page › ぷぅ 1歳 (成長日記) › あと半日、入院になりました。
2015-07-14 (Tue)  13:37

あと半日、入院になりました。

こんにちは♪

ぷぅが家族になって345日目

今日のブログは備忘録として書かせていただきます
写真が少なめで文字が多いです

昨日、14時30分頃に病院から『手術が終りました』と連絡をいただきました
看護師さんからの電話でした

午後の診察開始時間から面会も可能とのことだったので、その時間に合わせ ぷぅに会いに行きました

手術当日の朝、ぷぅをお預けする時に、面会のときに普段使っているタオルやおもちゃを持ってきても大丈夫か聞いたところ『大丈夫です』とのお返事をいただいたので、普段使っているマットとおもちゃ・そして私が前日に使っていたタオルを持っていくことにしました

DSC_0009ぷぅ
こちらが夕方の面会時に持っていったものです

来院して待合室で待っていると、すぐに名前が呼ばれました
看護師さんに入院部屋へ案内していただきました

ドキドキしながら部屋に入ると扉の目の前のケージの中に ぷぅが居ました
お座りしていました

病院指定の術後服を着て、エリカラをしている ぷぅは心細そうな瞳で前を見つめていました
避妊手術で入院している子は要エリカラ着用でした

ぷぅの姿を見てビックリしたことは、たくさんのヨダレが流れていたこと
この時点では乳歯を2本抜いたので違和感があってヨダレが出ているという説明でした

はじめはケージの間から手を入れて ぷぅの体を触っていたのですが、看護師さんがケージの扉を開けてくださったので背中を撫でて、いっぱい褒めてあげました
この時点で夫婦揃ってウルウルしてしまいました

ぷぅは、この時点で手術後に1度痛み止めを打ってもらっていたので、痛みは無いと思いますと説明を受けました

小さな声で『くぅ~ん』と泣く ぷぅの姿を見て、胸が締め付けられそうになりました
既に私は号泣でした

それまでお座りをしていた ぷぅが私の腕にしがみ付き、助けを求めているように感じました
私の肩は ぷぅのヨダレで濡れていました

いつまでも側に居たい気持ちでしたが、看護師さんの邪魔にもなってしまうので泣く泣くケージの扉を閉め、病院を後にしました
ぷぅには『明日の朝、迎えに来るからね!!』と伝えました

帰宅し夕食を食べていると、病院から電話が鳴りました!!
ぷぅに何かあったのかと思い、ビックリしました!!

旦那さんが電話に出ると、ぷぅの手術を執刀してくださった院長婦人先生からでした

ここで手術の様子などの説明を受けました
手術の様子は、また別記事で書かせていただきます

そのお話のなかで、ダラダラ流れていたヨダレの説明があったのですが、どうやら痛みや違和感でヨダレが出ている訳ではないと説明されました
痛いとお座りは出来ないらしく、うずくまっていることが多いそうです

先生の見解では ぷぅは初めての場所での恐怖からヨダレが出ているとのことでした
初めてのお泊りだから不安で仕方なかったようです

先生からは『明日は朝一番でお迎えに来てあげてください☆』と言われました

昨日も ぷぅの様子が気になり、なかなか寝付けず『早く朝になれ!!』と思いながら眠りにつきました
目を閉じると、ケージで震えていた ぷぅの姿が思い出され不安でたまりませんでした

今朝は目覚ましが鳴る前に目が覚め、受付開始時間に合わせて家を出ました
診察開始時間までは待合室で待っていました

待合室でドキドキ&ワクワクしながら待っていると、旦那さんのケータイが鳴りました!!
『仕事でトラブル!?』と思いました

電話の相手は院長夫人先生でした
私達が来院していると知らずに電話を掛けてくださいました

既に病院内に居ることを伝えると、診察室に呼ばれました

中に入ると、診察台の上に ぷぅの姿がありました!!
ヨダレは止まり、昨日よりも目も輝いていました

ここで先生から衝撃の事実が…

体は元気になってきているのですが、早朝の検診でお腹から出血があったと伝えられました
何が起こっているのか理解が出来ませんでした

昨日の夜の診察では出血は見られなかったことから、明け方に出血したらしいとの説明を受けました

このまま家に帰宅して、もし出血が続くようなら、また病院に駆け込まないといけないので夕方まで入院して欲しいと伝えられました

何が原因か理由を突き止める為には、病院で経過を見た方が良いとの判断でした

朝の時点で止血剤を使っていただいていて、このまま止まれば皮下出血の可能性が高い
この場合、体質や発情期の影響かもしれないとのことでした

もし止血剤を使っても血が止まらないようなら、止血する為に再び開腹しなければいけないとのことでした…
腹部のエコー写真には血の塊などは写っていないので、この可能性は低いと言われました

家に連れて帰りたい気持ちはありましたが、ぷぅの命を優先するために半日入院して経過を診ていただくことに決めました
何も無ければ18時に退院予定です!!

ここで本来なら帰宅して、お水から少しずつ食事を摂らせ始めるのですが、入院が長引いてしまったので、病院で徐々に食事を摂らせてくださるとの説明を受けました

しかし、ドライフードを食べない ぷぅのことを心配しました…
先生もドライフードを食べないことは知っています

すると先生から、家で食べているご飯を持参してもOKと言っていただけました!!
良かった!!

更に先生から10分だけ家族でゆっくりしてOKとの許しを得たので、車に連れて行き私の膝の上で体をナデナデして過ごしました
ぷぅは私の膝の上でウトウトしていました

10分が経過し、再び看護師さんに ぷぅをお預けし、急いで帰宅して ぷぅのご飯を作り再び病院を訪れました
ちゃんと食べられたかな?

DSC_0013ぷぅ
いつもより野菜を細かく切り、保冷バックに入れて持っていきました

昨日の面会の時に持っていったマットは血で汚れてしまったそうなので、いつも使っているベッドも持参しました
マットは洗濯してくれているとのことでした

想像のなかでは、既に ぷぅも一緒に帰宅している頃でしたが、一緒に帰ることは出来ませんでした

このまま何事もなく、18時に一緒に帰宅できますように!!

※ 前記事&前々記事にいただいた応援コメント&おめでとうコメントへのお返事ができていません
また、訪問返しも出来ていない状況です
ごめんなさい

今回もコメント閉じさせていただきます!!
拍手コメントは空いています

いっぱい頑張っている!! ぷぅちゃんに応援のポチッとお願いします!!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

また美味しいもの食べようね!! こちらのぷぅちゃんにもポチッとお願いします!!


人気ブログランキングへ
関連記事

最終更新日 : 2015-07-14